理事挨拶

こんな私。 これが私。

多様な世の中は、まず自分自身の多様性を尊重することから始まる。 どんな自分であろうと構わない。 信念に沿って生きていくことが、未来を拓くことにつながっていく。 一歩一歩の歩みを楽しみながら生きていきたい。

代表理事 田中美佳

1968年生まれ 大学卒業後、小学校教諭に。
結婚後、三人の個性的な子供たちを育てながら、自分育て。
1999年から2004年まで、夫の留学に伴いアメリカで生活。現地の小学校でボランティアしながら日本人の子供たちを集めて土曜日に日本語教室を開催。
帰国後、自宅にて体験型英語教室を開催。
その後、任意団体、自閉症応援 おもちゃばこを設立。
2018年4月より 社団法人化し、 Togatherlandとなる。
ブログ Togatherlandの作り方

原田圭吾

Togatherelandに参画するかどうか、悩んだ時期がありました。障害の当事者やその家族でない自分に務まるのか、という想いがあったからでした。
しかし、話せば話すほど、考えれば考えるほど、これは誰かのためにやってあげている事ではない、自分自身や自分の大切な人が関わる場所を(広義としては社会を)より良いものにしていく事なんだと思うようになりました。
そして、僕もそのために貢献したいと思いました。障害があってもなくても、思いっきり誇りを持って働く、そんな人や職場を少しずつ増やしていきたいと思います。まずは、自分自身から。

理事 原田圭悟

1986年生まれ。大学卒業後、食品メーカーに勤務。
2015年より父親が創業した木製玩具店「つみきや」に従事。
2018年経営修士(MBA)取得。今までの自分の考え方を主に形作ってきたのは「両親がおもちゃ屋だったこと」「中学から大学まで続けた柔道」「留学(スウェーデン)、駐在(アメリカ)での4年弱の海外生活」だと思っている。
ブログ つみきやブログ

【みえないトコがいいところ】

「みえないトコ」の価値がますます高まっています。世の中の評価軸は、目にみえるモノやカネから、目にみえない実態へと加速的に移行しています。ヒトの実体は目にみえても、ヒトの実態は目にみえない。今、無限の可能性をもつ価値が世の中に解き放たれようとしています。

理事 田中芳彦

1965年生まれ、医師・博士(医学)・経営修士(MBA)。大学卒業後、医師として診療に従事。大学院にて免疫学の研究を開始し、1999年に博士(医学)を取得後、米カリフォルニア州ラホヤにて基礎医学研究に従事。
帰国後、国内の大学研究所で研究を継続。
2013年より国内の大学で教授として研究や教育に従事。
2018年に経営修士(MBA)を取得後、Togatherlandに参画。